国内旅行でバスを利用する場合に気をつけておきたい事は何か

バスの中で眠る場合の持ち物

国内旅行でバスを利用する場合には、2時間以上の長距離を走行する可能性が高くなります。夜行バスなどを利用すれば、8時間前後の旅になることが少なくありません。そのような中で、バスの中で眠ろうとする人は多いはずです。特に夜行バスならば眠ることが前提ですのでしっかりとした準備を整えておかなければなりません。必要最低限の持ち物の1つとしては、空気で膨らます枕などを持っていっていくことです。携帯枕は、バスの中で空気を入れれば良いため荷物になることもありません。ただ、事前に使い心地が良いかを確認しておく必要があります。それ以外では、なかなか眠れない人のために睡眠薬を持ち込むことも重要です。

トイレ付きかそうでないか

旅行で長距離バスを利用する場合、特に夜行バスを利用する場合にはトイレのことを頭に入れておかなければなりません。全く生理現象が来ない人はほとんどいませんので少なくとも8時間前後の時間の中で1回から2回はトイレに行きたくなることが多いはずです。特に人間は、寒くなるとトイレに行きたくなる傾向がありますので、トイレがどこにあるかを確認しておく必要があるでしょう。

バスの中にトイレが常設されているパターンもあります。たいていは、運転席の後ろのあたりにあることが多いです。階段を降りていくとそこに化粧室とトイレがありますので乗車したらすぐに確認しておくべきです。その一方で、トイレがないバスも増えてきていますが、この場合にはサービスエリアなどに停車してトイレに行くことになります。たいていは、2時間から3時間おきに運転手の休憩も兼ねてサービスエリアに停車します。

ヤートラルートについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です